テレホンセックスでは誰でも緊張する

Home » テレホンセックスでは誰でも緊張する
ジュエルのバナー
ジュエル 評判:

気軽な出会いを募集している20~30代の女性が多い為、出会いを探している男性に高評価! 出会い系初心者の若い女の子達が次々に入会しています!

MGIのバナー
MGI 評判:

サクラがいなく安心して利用できる優良出会い系サイト!恋人募集をしている利用者が多いようですが、大人の出会い募集も少なくはありません。メル友も恋人も見つけられます。掲示板お試し検索あり!

マダムライブのバナー

健全な運営実績で信頼を得ている本当に出会える出会い系! サクラがいなく、本当に出会えると評判!本気の恋人募集から大人な関係まで積極的に出会いを探している男女で賑わっています!

どんなに女性との会話に慣れている人であっても、はじめてテレホンセックスをするというのは緊張するものです。会話をする相手が目の前にいるけれどいないというもので、はじめての経験であれば緊張するのは当たり前です。また、たとえ何度もテレホンセックスを経験していたとしても、初めて話す相手だと、やっぱり緊張します。緊張しているのは、相手も同じなのです。緊張感というのは相手に伝わってしまうので、どちらか一方がずっと緊張していれば、会話を楽しむことはできないでしょう。中にはその緊張感が楽しくてテレホンセックスをする、という人もいると思いますが、それはただの緊張とは違って、むしろ恋愛に似たドキドキなのではないでしょうか。

しかし、本当に緊張していた場合はなかなか二人の距離も縮まりませまん。まずは挨拶を簡単な自己紹介をし、それから世間話をしましょう。たとえアダルトOKならテレホンセックスだとしても、いきなり自己紹介後に「じゃあ服を脱いでもらえますか?」などとお願いしてはいけません。失礼な人だと思われてしまうことでしょう。ただし、女性の方がすごく乗り気であれば、それに合わせてはじめからアダルトな会話を楽しんでも良いでしょう。はじめからかなり薄着などきわどい格好をしている女性なら、かなり早くエッチな展開を望めるはずです。

エッチな女性が多い理由

テレホンセックスをする女性は、もちろんお小遣い稼ぎでチャットレディーとしてテレホンセックスを行っています。チャットレディーを雇っていないサイトでも、登録している女性はポイントなど報酬をもらうことができ、みんな必死です。たくさんの男性と長く会話をすることによって、それだけお金を稼ぐことができるので、どうしてもアダルトな方向に走りがちになります。アダルトOKな女性であれば、それだけ男性ファンも付きます。普通に会話をしているだけだと、ほかの女性に男性を奪われてしまうので、みんなエッチ積極的にエッチなことをするのです。出会い系サイトと違って実際に会うことが目的でないテレホンセックスでは、女性は安心しで大胆な行動を取ることができます。

社会の風潮的に、女性がエッチな言動を堂々とするのは、良くないものだとされています。しかし、女性だってエッチなことに興味があるのです。ネットであれば、実生活では自分とまったく関わりのない人を相手にエッチな会話などを楽しめます。身近な人にばれることなく、自分の欲求を発散できるので、普段抑圧されている分、たとえ清楚な雰囲気の女性であっても、ネットでは大胆になるのです。

テレホンセックス&ライブチャット用語

色々なネット用語があるように、ライブチャットでも独特の用語があります。これらを知っておくと、よりライブチャットを楽しむことができるはずです。たとえば「あらし」という用語なら、掲示板サイトなどでも使われることばですからわかる人も多いと思います。ほかの利用者の迷惑になる行為や、その行為を行う人のことを言います。パーティチャットなどで、わざと雰囲気をぶち壊すような人は「あらし」と言われます。

ほかにも、「イン」というのはライブチャットサイトにログインすることを言い、「落ちる」はチャットルームから退室することか、ログアウトすることを言います。ちなみに、「寝落ち」と言った場合は、ログインした状態で寝てしまうことを指します。また、チャットをせずに見ているだけの人を「ロム(ROM)」と言い、また見ているだけの行為のことも指します。見ているだけの行為はほかにも、「ヲチ」などとも呼ばれます。またアイドル的なチャットレディーを「ライドル」などと言ったりもします。